海上貨物保険の内容を理解しよう

insuarance貿易実務
  • 海上保険の内容を教えて!
  • 誰に頼んで保険を掛けたらいいの?
  • どうやって計算するの?

輸出入中の貨物に損害が発生した場合に利用する海上貨物保険について解説します。

海上貨物保険とは

輸出入の際に貨物に生じる損害を補填する保険を言います。
コンテナに入れて輸送するのに、そんなにダメージがあるかと思う人もいるかもしれませんが、
昨今はコンテナ不足の影響により、品質の低いコンテナも増えており、コンテナの隙間からの水濡れ発生による、貨物の損害も少なくありません。

その際に利用するのは海上貨物保険となります。

厳密には外航貨物海上保険という名前ではありますが、もちろん航空輸送中の貨物に関しても適用可能です。

海上保険の掛け方

海上保険の掛け方としては一般的には以下の2通りとなります。

  • フォワーダー(通関業者)に手配を依頼する。
  • 保険会社に直接依頼する。

フォワーダー(通関業者)に依頼

フォワーダー(通関業者)に依頼をする方法です。主に以下のメリットがあります。

事務手続きが楽
基本的にはフォワーダーが保険の手配を代行しますので、輸出入者は特に何もすることはないので、手間は何もかからないと言えます。

フォワーダーに依頼する際の注意点としては以下が挙げられます。

補償内容を理解していないフォワーダーが多く、事故があった際にトラブルになるケースがある
経験上、フォワーダーや通関業者は輸出入の輸送や通関はその道のプロの人も多いですが、
海上保険に関しては詳しい人は少ない印象です。
一般的な雑貨等の消費財であれば貨物が水濡れ等のダメージが起こっても、問題は少ないですが、例えば機械系の製品がダメージで利用不可の状態だった場合、貨物を廃棄するのに非常にお金がかかるケースがありますが、その場合、特定の特約をつけておけば廃棄費用も補償対象となりますが、それがない場合、補償がされないので、貨物の特性によっては注意が必要です。

保険会社に直接依頼

保険会社に直接依頼する方法です。主に以下のメリットがあります。

補償内容が充実
フォワーダー(通関業者)へ依頼する場合、各業者のレベルにはよりますが、保険の知識を有していない場合も多く、補償内容に関してもあまり理解していないケースが中にはございます。

一方保険会社の場合、一般的な補償内容に追加で特約(オプション)の知識も豊富な場合が多く、場合によっては輸出入者のニーズに応じて特約を付ける事により補償範囲を広げれる場合もあります。
(フォワーダー経由でも特約(オプション)付けれますが、知らない場合も多いです。)
保険料率が安くなる可能性がある。
フォワーダー(通関業者)経由での手配の場合、フォワーダーは手配料として一般的には保険会社より一定のマージンをもらう事が多いです。

保険会社に直接依頼する事により間の手数料が不要になる為、保険料率が安くなる場合があります。
※あくまで保険料は、仕入れ金額、貨物種類、輸送状況等による為、一概に安く出来る訳ではないので、保険会社への確認は必要です。

保険会社に直接申し込む際の注意点としては以下となります。

直接申し込みの手間がかかる。
フォワーダーに依頼する場合と違い、輸出入者が自身で登録する必要があり、多少の手間がかかります。
一般的には①インボイス金額②海上運賃(輸入FOBの場合)③インボイス番号④出港日⑤積み地・揚げ地 などをWEB上で1か月毎に申請する流れとなります。
※入力項目は保険会社により若干異なります。

海上保険の適用範囲

海上保険は協会貨物約款(Institute Cargo Clauses=通称ICC)により国際的に定められた約款があり、
そちらが適用されます。

その中で以下の3種類の保険が設定されております。

  1. ICC(A)
  2. ICC(B)
  3. ICC(C)

現在はA,B,Cと言う呼び名となっておりますが、過去の約款の名称を使い、
・ICC(A)=ALL RISKS
・ICC(B)=WA(WITH AVERAGE)
・ICC(C)=FPA(FREE FROM PARTICULAR AVERAGE)
という呼び名で呼ぶ場合がございます

(参考:2009年協会貨物約款の担保危険)

危険の種類A条件 B条件  C条件 
船舶・艀の座礁・乗揚げ・沈没・転覆
陸上輸送用具の転覆・脱線
船舶・艀または輸送用具の他物(水以外)との衝突・接触
避難港における貨物の荷卸し
火災・爆発
投荷
波ざらい×
地震・噴火・雷×
共同海損
海・湖・河川の水の船舶・艀・船倉・輸送用具・コンテナ・保管場所への浸入×
積込・荷卸中の水没または落下による梱包1個ごとの全損×
あらゆる人または人々の悪意ある行為××
盗難・抜荷・不着××
破損・まがり損・へこみ損××
雨・雪などによる濡れ損××
海賊行為××

〇…補償対象
X…補償対象ではないが、特約セットにより補償対象になる場合あり。

詳しい内容を知りたい場合、保険会社への確認をお願い致します。

保険料率

保険料率は商品やインボイスの単価、特約の有無によっても異なりますので、
一概には言えませんが、雑貨等の一般的な貨物も場合、
0.30%-0.40%程度の保険料率が多いです。

海上保険の計算方法

料率計算は以下となっております。

CFR価格×110%×保険料率

※厳密にはCIF価格×110%×保険料率で、Iの保険部分は保険金額指数で求めますが、
計算が面倒なので、上記計算式でおおよその保険料の算出は可能です。
(インボイス価格により数十円-数百円程度の誤差は出る場合あります。)

保険料例

(例)輸入の場合
(試算条件)
・インボイス価格:\2,000,000
・海上運賃:¥100,000
・保険料率:0.3%

(インボイス金額(\2,000,000)+海上運賃(\100,000))×110%×保険料率(0.3%)
=\6,930

海上保険の注意点

海上保険の利用に辺り、以下点はよく問い合わせが荷主様からもある項目なので注意が必要です。

  • 貨物により保険が掛けれない場合がある。
  • 船の遅延による損害は補償されない。
貨物により保険が掛けれない場合がある。
貨物により引き受け自体ができない場合や、補償範囲の一番広いICC(A)条件が受けれない場合等があります。
例えば中古品を輸出入した場合に揚げ地で貨物にダメージがあったとしても、元々中古の為、貨物に傷等が入っている場合が多い為、その場合は補償されないケースがあります。
他には生鮮食品等、元々時間と共に品質が落ちるようなものは補償されない場合もあります。

その他商品によっても引き受けできないものもありますので、保険会社への事前の確認が必要です。
船の遅延による損害は補償されない。
昨今のコロナ禍で非常に増えている船の遅延ですが、時には港のロックダウン等が重なり、一か月近く船が遅延する事もありますが、それにより納品先より遅延の違約金・ペナルティーを受ける企業も少なくありません。

しかし海上貨物保険は貨物が損傷・ダメージを負った場合の保険ですので、納品先への違約金の補償はされないので、注意が必要です。

その他も製品の特性により保険金の支払いができない場合等もありますので、
保険会社への確認が必要です。

まとめ

昨今はコンテナ不足により、グレードの低いコンテナも出回っておりますので、
海上保険を掛けて、自分たちの貨物を守る為にリスクヘッジを行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました